爪水虫って?」カテゴリーアーカイブ

爪水虫ってなに?

ある日、爪をふと見てみると、なんだか白っぽくなってるのに気付きました。

別にかゆくも痛くもないし、放っておいて大丈夫かなと放置していたら・・・。
そう、広がってしまったんです。

爪水虫って知ってますか?

普通の水虫にはなったことはあったんだけど、爪水虫って何?って感じでした。

水虫って、かゆくないの?私は、水虫は足の裏にできたんだけど、肌はかさかさでかゆみもありました。もともと、皮膚と爪は同じ白癬菌が原因です。それが、爪に入るか、足に入るかっていうことなんですね。

爪水虫って、初期は痛みもかゆみもないんです!

だから、気が付かない人も多くて、気付いたら私みたいに広がってしまった・・・
ということになってしまいます。

家族にも感染する!

そして、爪水虫は家族にも感染する恐れがあります。
爪水虫の人が使ったバスマットを使えば、感染してしまいます。
公共の場所で使うスリッパにも菌があれば感染してしまうとのこと。

うつさないのも大切ですが、うつらないように気を付けることも必要ですね。

白癬菌は、ケラチンという成分を主食として繁殖していきます。
高温多湿も大好きなので、同じ靴をずーっと履いていると菌の繁殖を招くことになってしまいます。
冬場のブーツも危ないですよね。
靴はマメに変えるようにしましょう。

白癬菌は、洗剤などで死滅するので、洗濯ものは一緒にしても大丈夫です。

私の場合は、足にできたので、バスマットは取り換える、スリッパは共用しないなどの対策を取っています。うつしてしまったら申し訳ないし・・・。

え?これって爪水虫?

爪が割れている、白っぽい、一部分厚い部分がある・・・など気になるところがないのか、一度チェックしてみるのもよいでしょう。

そんな爪水虫ですが、爪が伸びてきて、そのまま治っていくのを待つということもできますが、
その間に広がってしまうことが多いので、ちょっと厳しいかな?と思います。

爪水虫の影響で爪が伸びなくなるっていうケースもあります。
爪が変形することもありますので、やっぱり治していく方がベターですよね。

治し方としては、皮膚科へ行って治療するか、セルフケアで治していくかということになります。
忙しくて病院へ行く暇がない、という人も多いですよね。

憎き爪水虫を治すために、色々と調べたり、試したりしてるところなので、次の記事からご紹介していきますね。

早く治して、水虫とサヨナラしましょう♪